MENU

※アフィリエイト広告を利用しています

保育園おやつレシピ

【保育園おやつ】パイシートを使わない激うまかぼちゃのキッシュ

かぼちゃのキッシュ

今回は保育園で提供しているキッシュをご紹介していきます。
パイシートを使わない手作り生地のキッシュを保育園のおやつで提供しています。
玉ねぎ、ベーコン、ほうれん草、そしてかぼちゃを使用します。色鮮やかで見た目も味も最高のキッシュが出来上がります。
難しいイメージがあると思いますが、とても簡単に作れるのでぜひ一度作ってみてくださいね。

家でも簡単に作る事ができますし、具材を変えて色々なキッシュを作って楽しめますよ。
朝食にコーヒーとキッシュ、夕食にワインとキッシュ。とても美味しいのでおすすめです。

他にも保育園では手作りのおやつをたくさん提供しています。
食パンを使用したおやつや、手作りクッキー、手作りパウンドケーキなど様々な種類があります。
行事の時などは、シュークリームを作ったり、ロールケーキを作って提供しています。
どのおやつもスチームコンベクションオーブンを使用して作っていて、保育園給食、保育園おやつには欠かせない調理機器です。
まだ導入していない施設や、導入しているが操作が難しくてほとんど使っていないという方はぜひこの機会にスチームコンベクションオーブンの凄さを知ってください。
料理の幅がかなり広がりますよ!
スチームコンベクションオーブンについて簡単にまとめているのでぜひこちらもご覧ください。

食パンを使ったおやつでは、美味しいスイートポテトを食パンに塗って焼き上げた『スイートポテトースト』や、まるでお好み焼きが食パンの上にのっているかのようなふわふわで美味しい『お好み焼き風トースト』、手作りホワイトソースで作る濃厚グラタンをトーストにした『グラタントースト』など人気のおやつがたくさんあります。

どのトーストも美味しいのでぜひ一度作ってみてくださいね。

YouTubeでも保育園給食や保育園おやつをたくさん紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

YouTubeチャンネル登録

それでは彩り鮮やかな美味しいキッシュを作っていきましょう。

材料

キッシュ型

【生地】
薄力粉 100g
無塩バター 30g
牛乳 50g

【液】
卵 2個
生クリーム 100cc
牛乳 50cc
塩 4g
ベーコン 30g
玉ねぎ 20g
ほうれん草 30g
かぼちゃ 100g

食材を切っていく

使用する食材を切っていきます。

玉ねぎは薄切り、ベーコンは短冊切りにしていきます。

玉ねぎとベーコン

かぼちゃは小さめの角切りにしていきます。

角切りにしたかぼちゃ

ほうれん草は下茹でをして、2センチ程の長さに切っていきます。
下茹では切ってからでも大丈夫ですが、保育園では切る前に下茹でをしています。しんなりした方がほうれん草がバラバラにならないのでとても切りやすいです。
小松菜やチンゲンサイもほうれん草と同じように切る前に下茹でをしていますよ。

全ての食材が揃ったら、玉ねぎとベーコンを炒めていきます。
玉ねぎがしんなりしてきたらかぼちゃとほうれん草を入れてさらに炒めていきます。

炒めている玉ねぎ、ベーコン、ほうれん草、かぼちゃ

この後焼いていくので完全に火を通す必要はありません。
軽く炒めて全体を混ぜ合わせる程度で大丈夫です。

生地を作っていく

キッシュの生地を作っていきます。

ボウルに薄力粉、溶かしたバター、牛乳を入れて手でこねていきます。

キッシュの生地

初めはベタついて手にくっついてきますが、こねていくと生地がまとまってきます。
生地がまとまるまでしっかりこねていきます。

キッシュの生地

これで生地は完成です。
とても簡単で数分で生地が出来上がります。

この生地を伸ばして型に敷いていきます。

伸ばしたキッシュの生地

型より大きめに伸ばしてから型に敷いていくとやりやすいですよ。

型に生地を敷くことができたら、液を流していきます。

液を作っていく

次は液を作っていきます。
液もとても簡単です。

卵、生クリーム、牛乳を先ほど炒めた具材に混ぜるだけです。
塩で味を整えれば完成です。

卵液と混ぜたキッシュの具材

今回は塩で味付けしましたが、コンソメで味付けしても美味しいですよ。

液を入れてしっかり混ぜた後は型に流していきます。

型に液を流していく

キッシュの型に液を流していきます。

型に流した卵液

液をギリギリまで入れてしまうとスチコンに入れる時にこぼしてしまうので、少なめに入れていきます。

これを焼いていきます。
今回は使用していませんが、チーズをかけて焼いても美味しくなりますよ。

具材を変えるだけで色々なキッシュができるので楽しいです。
見た目も味もガラッと変わるので飽きないですね。

スチームコンベクションオーブンで焼いていく

スチコンホットエアーモード180℃で20分焼いていきます。
家のオーブンで焼く場合は180℃で25分程焼いてみてください。

焼けたキッシュ

こんな感じで焼き上がりました。
とてもいい感じで焼き色がついて美味しそうですね。

焼き上がったキッシュ

焼けたキッシュを型からはずして切っていくのですが、今回使用している型は底が抜けるタイプなのでとても便利です。

型からはずして8等分に切っていきます。
焼き加減が甘いと表面は焼けていても中(特に中心部分)が焼けていない事があります。
初めて作る場合は、一度竹串を中心に刺して完全に焼けているか確認してから切った方がいいですよ。

美味しいかぼちゃのキッシュの完成!!

お皿にのせてかぼちゃのキッシュの完成です!

かぼちゃのキッシュ

色鮮やかでとても美味しそうなキッシュが完成しました。
しっかり中まで火も通っているので大成功です。

キッシュの生地から手作りでこんなおやつが保育園で出てきたらびっくりですね。

園でハロウィンのイベントがあり、その日のおやつとして提供しています。
ハロウィンの日にはかぼちゃを使用したおやつで、かぼちゃのキッシュの他にかぼちゃプリンやかぼちゃクッキーなども提供していますよ。

最近は家であまりかぼちゃを使用した料理を食べる事がなくかぼちゃが苦手な子供が多いような気がします。
かぼちゃの煮物など、かぼちゃが強調された料理はなかなか食べてくれないので、今回のキッシュのように小さくして混ぜたり、潰してプリンやクッキーに混ぜ込んだりして使用しています。

ぜひ一度作ってみてくださいね。
子供達はもちろん、大人も美味しいキッシュになっています。

YouTubeでは様々な保育園給食やおやつ、離乳食の他に家で簡単にできる料理や便利な調理家電なども紹介しています。
ぜひ一度ご覧ください。

YouTubeチャンネル登録

ブログランキングにも参加しています。応援よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングでフォロー

こーいち給食 - にほんブログ村

関連記事はこちら